西伊豆・大瀬崎 ダイビングショップ,体験ダイビング,宿泊パック,ファンダイブ,セルフダイビング,JR三島駅から無料送迎(条件あり)実施中!

スタッフ海日記

2021年10月20日 記入者 shingo

湾内の「プチサンゴ礁」に潜む(まぎれている)ホカケハナダイ。
今、この「プチサンゴ礁」が熱く、いくつかの熱帯魚が住み着いてきています。
※この「プチサンゴ礁」、人口漁礁の上に設置しておりますが、大瀬崎ととある大学の企画で、許可をとり学生さんたちがサンゴを移植したものです。本場のサンゴ礁同様、サンゴの上にのったりフィンで蹴ったりしないようくれぐれも気をつけて観察してください!。
今では貴重な水族の住処となってきています。

フタスジリュウキュウスズメダイ、ナンヨウハギなどの幼魚、よく見るとこのホカケハナダイのようにキンギョハナダイの群れに紛れ込んでいる他のハナダイの子がいたりするのです。

普通のダイバーはナンヨウハギ(ドリーさん)を見にきますが、カメラ派ダイバーはこのホカケハナダイがお目当てでしょう。一見地味な魚ですが、背びれ等をパッと開いた姿がまさに「帆」をイメージするような姿で美しいです!。
この動画で見つけられる方はかなりの「通」だと思います。

shingoのYouTubeチャンネル(MANBOW shin)にてご覧ください。ここ数年YouTube動画の投稿が止まっておりましたが、また再開しようと思います。少し海から遠ざかっている方など大瀬の海中動画をご覧になり和んで頂ければと思います!。
他にもいくつか最近撮影できた動画をアップしました。

再開した事にはちょっとしたきっかけがありました。たいした事ではありませんがその様々な理由はまた「スタッフ海日記」にて書かせていただきます。

寒くなってきましたが、今年の海はまだまだ暖かいです!。陸上での防寒を意識してればウェットで十分入れる水温です。現在透明度も上がり秋らしい青い海になってきました!。
「海洋情報」はトップページ「インフォメーション」にて簡易表示致します。




こんにちは、motoshiです。
今週末の大瀬は土日とも曇りベースで時折雨模様となる天気です。でも、昨日は夕方に陽も出て、虹が綺麗に湾内にかかりました。素敵な光景でした。
今週末の僕は、常連のゲストと大瀬初というゲストのガイドです。湾内、先端、外海とすべて堪能しました。透明度はやや優れないものの、群れが非常に多く、南方系の魚たちも増えてきて、その光景は僕らダイバーを幸せな気分にさせてくれます。水温もしばらくはこの状態が続いてくれるといいですね。でも、陸上の方は週明けから寒気が入り、気温は下がってくるようなので、エキジット後の防寒は意識してくださいね。
今日の写真はこちら。今朝の早朝ダイブで撮ってきました。ちょっぴり南国の香りがしませんか?
web用20211017mo-nanyohagi.jpgtropical!

こんばんは、motoshiです。
今日の大瀬は晴れ、久々に気持ちの良い週末の1日でした。
いや〜、それにしても久しぶりのブログ更新です。申し訳ありません。
今日の僕は、常連のご夫婦と久しぶりに訪れてくれたフォトセミナーの教え子をガイドしてきました。透明度はそこそこですが、とにかく深場に行っても水温が26℃あるので、非常に快適に潜れました。これだけ快適だと、外海をゆったり流すのが非常に心地よいです。ということで、午後の1本は僕の好きなダイビングスタイルであるビーチドリフトをしてきました。
今朝は久しぶりに早起きしてカメラを携えて湾内をふら〜っと気ままに漂ってきました。撮影もいい感じに力が抜けて気持ちよくシャッターが切れました。
ということで今日の写真はこちら。僕の力は抜けてますが、こいつは凛々しいです!
web用20210920mo-tatsuyellow.jpgrelax

記入者 shingo

8月も後半となりましたね。今年の8月はコロナの感染拡大もそうなのですが、お天気にも悩まされました。お盆休みの週あたりはほとんど雨ばかりでなく、本当に梅雨のような日が続きました。

今週初め頃よりようやく夏が戻ってきました!。しかし…緊急事態宣言により急に静かな大瀬になっております…。
今週末は久しぶりに晴天で暑くなりそうですので、海水浴の方やダイバーもそれなりに戻ってくるかも知れませんが、控えられてる方も多いかと思われます。

お互い様に感染に十分気をつけて、過ごすしかないですね。

海のほうですが長く続いた雨の影響で、濁っている期間が長かったですが、透明度はだいぶ回復してきております!。まだまだ基本的には暖かい潮ですが、今週は時間帯により水温22度ほどのやや冷たい潮が上がってきたりしていました。ただ浅瀬が暖かいのでその冷たさが気持ちよくも感じます。

水族たちは、暖かい潮にのり熱帯系や回遊系が増えてきた感じです。回遊系ではキビナゴの群れを追いかけるカンパチの若魚が20~30の群れをなし泳いでいたり、クロヒラアジもみかけました。

熱帯系の幼魚も目立ってきており、今週見かけたのはミナミハコフグ、カンムリベラ、メガネスズメダイ、トノサマダイ、クリユリハゼなどです!。

これから秋からの海は1年で1番いい時期に入ります!。ダイビングをする分には感染リスクはとても低いでしょう。海へ直行直帰したり、陸上で人との接触に気を付けたりなど、感染予防を意識して遊んで頂きたいと思います。
お客様・お得意様 各位

日頃より、【DIVING HOUSE MANBOW】をご愛顧頂き誠にありがとうございます。

2021年4月〜の商品税込表示義務に伴い、当施設ご利用料金の一部改定を実施させて頂きます。
※4月17日(土)以降のご予約分から適用とさせて頂きます。4月7日(水)までにご予約が成立されているお客様、4月16日(金)までにご来店のお客様につきましては、旧料金でのご対応とさせて頂きます。
4月8日(木)以降のご予約(17日以降のご来店)は新料金とさせて頂きます。

全体的な値上げをさせて頂く事となりますが、当店におきましては長らく大幅な料金変更を実施せずに参りました。しかし近年のダイバー人口の減少、様々な物の価格上昇に伴うコスト増、大瀬崎全体のダイビングフィーの低料金(他のポイントと比べて)などを踏まえ、近年対応を迫られる状況となってきておりました。

特に日頃よりご愛顧頂いているお客様につきましては大変なご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解頂きますよう宜しくお願い申し上げます。これに加え税込表示となった事で大幅な値上げと感じてしまうかと思いますが、値上げ幅はそこまで大きなものではございません。下記変更点をご確認頂きますようお願い申し上げます。

◉施設使用料¥880→¥1,320

◉ご宿泊 3人部屋とツインルームの料金差を撤廃しました。各お部屋共通料金となります。

2食付きプランでは2〜3名様ご利用時に変更なし。1名様ご利用時は旧料金より+¥1,100とさせて頂きます。尚、旧ツインルーム1名様ご利用時とほぼ変わらない料金です。

朝食付きプラン(リピーター様限定)では、2〜3名様ご利用時で+¥200、1名様ご利用時には+¥1,320とさせて頂きます。尚こちらも旧ツインルーム料金と同水準となります。

◉タンクレンタル 今までは1本目レンタル料金、2本目以降チャージ料金という仕組みでしたが、それを撤廃し全てのタンク(通常エアーに限る)1本あたりの料金へ変更となります。
2ダイブした場合→旧 レンタル¥2,200+チャージ¥1,540=¥3,740
新 レンタル¥1,870×2本=¥3,740と同様ですが、3本目以降僅かに(¥330ほど)UPとなります。しかし諸事情により1本のみご使用の場合は以前よりお安くなります。

◉ガイド付きダイビング 2ビーチガイド¥9,900→¥10,450、こちらは税抜ですと¥9,000としばらくの間値下げをしておりましたが、従来の料金税抜¥9,500へ戻した形となります。3ビーチガイドも同様です。

尚、当店のガイドダイビングは基本最大4名様で行い、お客様の経験やスキル、ブランク等をできる限り近づけて少人数でのダイビングを心がけております。皆様が安心してダイビングを行えるようサポートして参りたいと考えております。

◉お泊まりガイドパック こちらは週末と平日の料金差、お部屋タイプでの料金差を撤廃しいつでも同料金でご利用いただけます。2〜3名様ご利用時と1名様ご利用時での料金差がございます。
旧週末料金と比べ+¥1,100ほどとなり、平日ご利用時では+数千円となっておりますが、平日はその分のんびりお過ごし頂けるかと考えております。僅かに値上げとなりますがそれでもお得に泊まれるパック料金となっております。


◉ランチに関しては+¥55〜¥110ほどとさせて頂きます。尚、丼ものに関してはお味噌汁付きとなります。


前に戻る 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ダイビングハウスマンボウ

〒410-0244

静岡県沼津市西浦江梨334

TEL 055-942-3237

大瀬までのアクセス

[MAP]

お問い合わせ・ご予約

記事の一覧


ダイビングハウスマンボウ携帯サイトQRコードダイビングハウスマンボウの携帯電話向けWEBサイトがOPENしました。

お気に入りに登録していただければ、いつでもどこからでもスタッフブログや最新の海況が見れます。

またご予約フォームも設置しておりますので、是非ご活用ください。

 

潜水時間 & 岬の先端

ナイトダイビング

本日の潮位

天気予報

スタッフ募集


バリ島にある

直営ホテルヴィラ

至福のひとときを…

 マヤ·サヤンバリ


公式サイトはこちら


3bedpool.jpg



スルガ銀行 ダイバーズローン