西伊豆・大瀬崎 ダイビングショップ,体験ダイビング,宿泊パック,ファンダイブ,セルフダイビング,JR三島駅から無料送迎(条件あり)実施中!

秋物続出!?


 本日の大瀬はどんより曇り空に時折小雨・・・、ですが海洋は穏やかで太陽は無いけどいいコンディションです!!。

 水中はクリアブルーとはいかないのですが・・・、暖かく10mほどの視界はキープしています!外海の方がやや青く暖かく感じられ12m程の視界がありました!!。

9月に入りやっと暖かい潮が入り、観察できる生物層も変わってきています!。この時期恒例の南方系カエルアンコウ!。クマドリ、オオモン、イロカエルと各種幼魚が確認されています!。毎年これ系の魚が見つかると多くのダイバーが順番待ちしている光景が見られます・・・。もちろん、見てみたい!見せたい!と言う気持ちはわかるのですが・・・、やはり自分の写真のためとか、ゲストやバディに見せたいが為に生物を追いやる(無理に動かす)ようなことはやめてほしいですね。魚も居心地が悪いとどこかへ移動しますからね。みんなが優しく観察していれば、長くその場所にいてくれると思います!。

また、ダイビングや水中撮影は珍しい生物を見に行くことや撮影することが至高ではないと思うし、他にも楽しみは沢山あります!。何が起こるか(現れるか)わからないのが楽しみの一つだと思います。

このような問題はとても難しいのですが、絶対に生物にさわるなとは僕は思いません。触れれるものなら触れてみたいとは思いますし。例えば大きなマンボウが目前に迫ってきて優しく触れることができた!といったらそれはルール違反とは思えません。実際僕も軽くタッチできたことがあります。
どこまでがダメでどこまでが良いのかの線引きが難しい問題です。

もちろん、水中生物には極力触れない事はダイバーとして原則だとは思います。でも簡単に触れることのできる生物もいます(魚に限らず)。触れる(動かす)理由や触れ方の問題と思います。触れるにしてもとにかく優しくです!!、また撮影の為に触れるのはルール違反です!。撮りにくい場所にいる生物をどのような角度で撮るかなど、そういうことも水中撮影の難しさで楽しさでもあると思ってもらいたいですね!。

話が反れましたが・・・。
今週はこんなんが見られました!!。
14.09チビイロカエル.JPG
イロカエルアンコウの幼魚と思われます!。指を出してますが触れてませんよっ!!。
このサイズ前後のカエルアンコウが各種数個体見つかっています!。
もう見つかっている物を並んで見に行くのではなく、新たな個体を見つけにいくのはどうでしょう!!??。

14.09テング.JPG
こちらも秋物ですね!。ウミテングです。

14.09タツいとこ.JPG
季節物ではないと思いますが、タツのいとこです!!。擬態上手なので目に付きにくいですが意外と数多く見られます!。

14.09ミジン.JPG
大瀬崎のアイドル、ミジンベニハゼ!!。ペアですね!。きっと産卵しますね!。優しく観察お願いします!!。

ある場所のこの魚が大瀬で議論となっています・・・・。不自然なキレイなビンに住んでいる・・・。

この写真はもうフジツボがついた缶でしょうか?、缶がある時点で自然では無いですが、自然化した缶に住んでいます!。
この魚卵を産み付ける場所には意味があります!。むやみに缶(住処)を動かさないようお願いします!!。


記入者 shingo

関連記事


コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

ダイビングハウスマンボウ

〒410-0244

静岡県沼津市西浦大瀬334

TEL 055-942-3237

大瀬までのアクセス

[MAP]

お問い合わせ・ご予約

記事の一覧


ダイビングハウスマンボウ携帯サイトQRコードダイビングハウスマンボウの携帯電話向けWEBサイトがOPENしました。

お気に入りに登録していただければ、いつでもどこからでもスタッフブログや最新の海況が見れます。

またご予約フォームも設置しておりますので、是非ご活用ください。

 

潜水時間 & 岬の先端

ナイトダイビング

本日の潮位

天気予報

スタッフ募集


バリ島にある

直営ホテルヴィラ

至福のひとときを…

 マヤ·サヤンバリ


公式サイトはこちら


3bedpool.jpg



スルガ銀行 ダイバーズローン